障害年金に関する記事 > 障害年金は何を基準に決めるの?(眼の障害)

障害年金は何を基準に決めるの?(眼の障害)

「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」の内容を、まとめたものです。
本文は、日本年金機構のホームページをご参照ください。

 

障害の程度

障害の程度障害の状態
1級【視力】両眼の視力の和が0.04以下のもの
2級【視力】両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
【視野】※下記「視野障害について」参照
3級【視力】両眼の視力が0.1以下に減じたもの
障害手当金【視力】・両眼の視力が0.6以下に減じたもの
・一眼の視力が0.1以下に減じたもの
【視野】・両眼による視野が2分の1以上欠損したもの
・両眼の視野が10度以内のもの
【その他】・両眼の調節機能及び輻輳機能に著しい障害を残すもの
・両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
※下記「まぶたの運動障害等について」参照
 

※視野障害について

H25.6.1から眼の障害認定基準が改正されました。
視野障害の2級の基準が追加されたため、今まで該当しなかった方が該当する可能性があります。
〈改正前〉
両眼の視野が5度以内(I/2視標)
〈改正後〉
・両眼の視野がそれぞれ5度以内(I/2視標)
・両眼の視野が10度以内(I/4視標)+ 中心10度以内の8方向の残存視野の角度の合計が56度以下(I/2視標)

  

※まぶたの運動障害等について

H25.6.1改正により明確化されました。
まぶたの運動障害:眼瞼痙攣等で常時両眼のまぶたに著しい運動障害を残すことで作業等が続けられない程度のもの
眼球の運動障害:麻痺性斜視で複視が強固のため片眼に眼帯をしないと生活ができないため、労働が制限される程度のもの
瞳孔の障害:散瞳している状態で瞳孔の対光反射の著しい障害により羞明(まぶしさ)を訴え、労働に支障をきたす程度のもの

 

視力について

よく、「認定に使用する視力は裸眼視力ですか?」と尋ねられることがあります。
視力は、眼鏡やコンタクトレンズを用いて得られた矯正視力が認定対象です。
また、眼内レンズを挿入した方については、挿入後の矯正視力を測定することとなります。

両眼の視力とは、両眼で見た時の視力ではなく、それぞれの視力を別々に測定した数値です。
両眼の視力の和は、左右それぞれの視力の測定値を合算したものをいいます。
しかし、矯正視力といっても矯正自体が難しい場合もあります。その際は、裸眼視力により認定します。

同様に、「両眼による視野が2分の1以上欠損したもの」とは、片眼ずつ測定しそれぞれの視野表を重ねたうえでで欠損の度合いをみます。

 

障害がいくつかある場合

例えば、視力障害と視野障害がある場合などについては、併合認定といってそれぞれの障害を併せて認定します。
例)視力障害2級+視野障害2級=1級
ただし、障害の状態によっては、いくつかの眼の障害を併せても上位等級にならない場合もあります。

初回面談・ご相談はこちらまで
障害認定基準について
受給までの流れについて
事例一覧
サポート内容・費用
聴覚障害の方はこちらを御覧ください
年金用語
q&a
ご相談の流れ
手記