障害年金に関する記事 > ネフローゼ症候群で障害年金をもらう方法

ネフローゼ症候群で障害年金をもらう方法

障害年金は、病気やけがで働けなくなったり生活に支障が出た場合にもらえる公的年金です。

ネフローゼ症候群で一定の障害状態にある場合は、障害年金をもらうことができます。

ここでは、ネフローゼ症候群でお困りの方が障害年金をもらう方法について大事なポイントをお伝えします。

  

ネフローゼ症候群について

ネフローゼ症候群は、腎臓内にある糸球体の機能が悪くなり尿にタンパク質が多く出てしまうことで、むくみ(浮腫)が起こる病気です。

血液中のタンパク質が減少すると、血管内への水分の移動が低下し、血管外の水分が増えてむくみを引き起こしてしまいます。

むくみがひどくなると、肺やお腹に水がたまることもあります。

また、血管が詰まる病気や感染症を発症する危険性もあるので、早期の治療が大切です。

日本医療研究開発機構HPより:
https://www.amed.go.jp

  

障害年金について

障害年金は老齢年金とは違い、若い人でも障害の程度によって支給されます。

つまり、病気やけがによって生活や労働にどれぐらい支障があるかが、障害年金をもらえるかもらえないかの大きなポイントになります。

 

1. 障害年金の種類

障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2種類があります。

どちらをもらうかは、障害の原因になった病気やけがで、初めてお医者様の診察を受けた日(初診日)で決まります。

初診日に、国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」をもらうことができます。

※初診日が「20歳より前の期間」または「60歳以上65歳未満で日本に住んでいる期間」に当たる場合は、年金を払う義務がないので加入していなくても大丈夫です。

  

2. 障害基礎年金と障害厚生年金の違い

◆ 障害基礎年金

初診日に、国民年金に加入していた方は、障害基礎年金をもらうことができます。

障害の程度によって、1級と2級に分かれています。

◆ 障害厚生年金

初診日に、厚生年金に加入していた方は、障害厚生年金をもらうことができます。

障害の程度によって、1級、2級、3級に分かれています。

また、障害の程度が3級よりも軽い方は、病気やけがが治っている状態で一定の障害があれば障害手当金(一時金)をもらうことができます。

  

3. 障害年金をもらうためには

障害年金をもらうためには3つの条件をクリアしなければいけません。

3-1.初診日が証明できること

初診日は、「障害基礎年金」か「障害厚生年金」のどちらがもらえるのかを知るために必要です。

初診日がはっきりと分かっている方は、医療機関で受診状況等証明書を書いてもらいましょう。

※ネフローゼ症候群の場合、ネフローゼ症候群の原因となった病気(糸球体腎炎や膠原病など)で病院にかかった日が初診日になりますので、ご注意ください。

また、受診状況等証明書を入手できない場合でも初診日を証明する方法があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:障害年金の診断書に記入する初診日とは?

関連記事:障害年金の初診日が証明できない場合はどうしたら良いの?

  

3-2.保険料が払えていること

初診日の前日までの一定期間に、国民年金または厚生年金の保険料を払っていないと、障害年金をもらうことはできません。(※20歳前に初診日がある方は保険料を払っていなくても大丈夫です)

下の図のどちらかに当てはまれば、障害年金を請求することができます。

年金事務所などで納付状況を確認しておいてください。

 

3-3.一定の障害状態であること

障害年金は、障害の程度によって支給されます。(身体障害者手帳の等級とは異なります)

障害の程度は、1級、2級、3級に分かれていてどれかに認定されないと障害年金をもらうことはできません。

詳しくは、「ネフローゼ症候群の障害年金認定基準」で解説します。

  

4. 障害年金はいつからもらえる?

障害年金を請求するときに、いつの分から請求できるかを知っておくことが大切です。

◆ 認定日請求

障害認定日(初診日から1年6ヶ月を過ぎた日※例外あり)の時点で障害状態であれば、障害認定日の翌月から障害年金をもらうことができます。

過去にさかのぼって障害年金を請求することができるので、可能であれば認定日当時の診断書を取得してください。

◆ 事後重症請求

障害認定日に障害状態に当てはまらず、その後症状が悪化して障害状態になった場合は、請求月の翌月から障害年金をもらうことができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:障害年金をもらうためにクリアしなければならない要件

  

ネフローゼ症候群の障害年金認定基準

腎疾患による障害については、認定基準が次のように定められています。

日本年金機構H Pより:https://www.nenkin.go.jp/index.html

ネフローゼ症候群の場合は、認定基準上は3級相当とされています。

認定基準は次の通りです。

①下図の検査成績のうち、尿蛋白量の検査成績が異常を示していて、さらに血清アルブミンまたは血清総蛋白の検査成績のどちらかが異常を示していること

②下図の一般状態区分表のイまたはウに当てはまること

日本年金機構H Pより:https://www.nenkin.go.jp/index.html
日本年金機構H Pより:https://www.nenkin.go.jp/index.html

  

ネフローゼ症候群は、認定基準上は3級とされていますが、症状によって日常生活に大きな支障がある場合や合併症がある場合、腎不全に進行した場合などは2級以上に認定されることもありますので、お医者様にご自身の体の状態をしっかりと伝えておくことが大切です。

  

ポイント

障害年金をもらうためには、ご自身の症状や困っていることを診断書で証明しなければなりません。

診断書を書くのはお医者様なので、診断書をお願いする前にご自身の体の状態をしっかりと伝えておく必要があります。

障害年金の申請には、診断書とは別に「病歴・就労状況等申立書」を提出しなければいけません。

この書類は、障害によって仕事や生活にどれだけ支障があるかをご自身で記入する書類です。

お医者様に診断書をお願いするときに、「病歴・就労状況等申立書」を見てもらって自分がどれだけ困っているかを分かってもらうのも一つの方法です。

また、診断書を書いてもらったら、記入漏れがないかをチェックしておいてください。

【 チェックのポイント 】

 ⑧初診日は正しいか(初診日は、ネフローゼ症候群の原因になった病気を初めてお医者様に診てもらった日になります)

 ⑫腎疾患の年月日が記入されているか

 検査成績は、過去6か月以内の結果を2回分以上記入されているか

 ネフローゼ症候群の原因が糖尿病性腎症の場合は⑭糖尿病の欄も記載

 ⑪一般状態区分表、⑯現症時の日常生活活動能力及び労働能力が、ご自身の体の状態にあっているか

  

日本年金機構H Pより:https://www.nenkin.go.jp/index.html

  

まとめ

ネフローゼ症候群で障害年金をもらうには、初診日、保険料、障害の程度の3つの条件をクリアしなければなりません。

特に障害の程度はご本人でないと分からない事も多いので、ご自身の症状について充分にお医者様伝えることが大切です。

 

初回面談・ご相談はこちらまで
障害認定基準について
受給までの流れについて
事例一覧
サポート内容・費用
聴覚障害の方はこちらを御覧ください
年金用語
q&a
ご相談の流れ
手記