受給までの流れ

1.受給要件の確認

まず、初診日を思い出しましょう。

 

受給するには以下の要件を満たす必要があります。

2.提出書類の準備

初診時の受診状況等証明書の準備。その内容を確認のうえ診断書を依頼。

 

病歴・就労状況等申立書は、障害の状態を判断する材料として非常に重要な書類です。次のような点にご注意ください。

・診断書の内容と矛盾するような記述はしないこと。
・診断書の内容に不備や漏れがあると思われる場合には、医師と納得がいくまで話し合って修正や補充をすること。
障害認定日時点および請求日時点の傷病の自覚症状、医師から聞いている他覚症状を克明に記述すること。
・とくかく具体的に記述すること。

手続きには以下の書類が必要です

3.書類の提出

初診日に加入していた年金に応じて次の場所に提出します。

 

申請してから支給(不支給)決定まで、3ヶ月以上かかります。

傷病の初診日が厚生年金保険もしくは国民年金の第3号被保険者の場合 年金事務所
傷病の初診日が国民年金の第1号被保険者の場合 市区町村役場の年金担当係

尚、決定された内容(等級、受給権発生年月等)に不服がある場合は、社会保険審査官に対し不服の申立ができます。

当事務所にて、1.受給要件の確認から3.書類の提出までのアドバイス及び代行を行います。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

初回面談・ご相談はこちらまで
障害認定基準について
受給までの流れについて
事例一覧
サポート内容・費用
聴覚障害の方はこちらを御覧ください
年金用語
q&a
ご相談の流れ