障害年金について、こんなことでお悩みの方はご相談ください。

 年金相談や手続きをしたいが、障害があるため年金事務所へ行けない

 聴覚障害があるため手話や筆談で対応して欲しい

 高齢者や障害者等の年金相談に乗って欲しい

 年金事務所から届いた書類の意味が分からない

 専門用語が分からないので分かりやすく説明して欲しい

その他、障害者福祉制度についてなど、ご本人やご家族が抱える様々な問題に取り組みます。 お気軽にご相談ください。

初回面談・ご相談はこちらまで
障害認定基準について
受給までの流れについて
事例一覧
サポート内容・費用
聴覚障害の方はこちらを御覧ください
年金用語
q&a
ご相談の流れ

ごあいさつ

かとう年金サポートセンター代表
加藤千晴 (ハンドルネーム:加藤近春)

障害年金は心身の障害により日常生活や就労等が困難になったときに受け取ります。
障害者にとっては日常生活や社会生活を営むうえで必要な所得保障ですが、障害者であることを理由にした金銭給付である点で引っかかりを持たざるを得ない現状があります。

障害を認め受容することと引き換えに年金を受け取ると思っている方が多いのではないでしょうか。
病気や障害を抱えることが負い目となり、自尊感情を低めることになっていないでしょうか。

障害年金は、自立した社会参加や自己実現を可能にする支援です。
障害年金を受給することで、生活の広がりや充実に生かしている人はたくさんいます。
生活の安定が精神の安定につながり、障害とうまく付き合っていくきっかけにもなります。

当事務所では、障害をもつ人はもとより、ご家族や関係者の皆さんからの相談も多く受け付けています。
それぞれに障害をもったことで、生活上の様々な課題に直面することが多いのではないでしょうか。
そんな時、どんなことで困っているのか、それを解決するためにはどんな方法があるのか、相談を受けながら一緒に考え、改善のための方法が見つけられるようにお手伝いしていきたいと思います。

どうぞ、気兼ねなく相談してください。

年金サポートオフィスK代表
加藤千晴 (ハンドルネーム:加藤近春)

代表プロフィール

愛知県の社会保険労務士事務所です。障害年金を専門に取り扱っています。

某大学農学部を卒業後、臨床検査センターに4年間勤務。何を思ったか試験管を振る手を鉛筆に持ち替え、社会保険労務士資格を取得。
その後、5年間の実務修行を経て平成19年に開業。約1万件の年金相談経験を生かし、もっともっと沢山の人々のお役に立ちたいと思っています。

サポート内容

障害年金の裁定請求に係るすべての事項についてのサポートや。障害者福祉サービスに関するご相談をお受けいたします。
以下のようなご相談内容や、障害年金に携わる様々なことにご対応いたします。

サポート内容

● 障害年金や障害者福祉サービスについての個別具体的なあらゆる相談
● 受給資格・要件の確認
● 病歴状況申立書、病歴・就労状況等申立書等、上記請求に係る申立書の作成
● 裁定請求書の作成
● 年金事務所や関係機関への書類提出
● 年金事務所との折衡

初回面談・ご相談はこちらまで

事例一覧

当事務所で扱ったサポート事例です。 プラスアルファのサポートを心がけています。

後縦靱帯骨化症

事例 / 肢体

10年ほど前に発病。
徐々に四肢の動きが悪くなり近医を転々とするも原因が分からず数年が経過。
大学病院で後縦靱帯骨化症と診断される。
手術を繰り返すも症状は改善せず、日常生活全般に介助を要するようになった。

担当の相談支援専門員さんからご相談いただいた案件です。

遺族年金と障害年金

その他 / 事例

知的障害を抱える方です。
今まで障害年金を請求したことはありません。
数年前にご主人を亡くし、遺族年金を受給していました。

この方の年金の行く末を案じた相談支援専門員さんからご相談いただいた案件です。

障害年金以外の手続きもお忘れなく

事例 / 精神

長年、ドライバーとしてお勤めされていた方です。 
職場のストレスがきっかけで発病。長期休職を経て退職しました。
障害年金請求手続きをご依頼いただいたのですが、フタを開けると、失業手当に確定拠出年金に・・やるべき事が山積みです。

ケースワーカーさんからご相談いただいた案件です。

診断書が書けない?

事例 / 精神

3年前、当方で障害厚生年金の裁定請求を行い、2級が決定された方です。
久しぶりに担当の相談支援専門員さんから連絡が入りました。
ご本人様の病状が急速に悪化し、今やほとんど寝たきりの状態であるとのこと。

当方で額改定請求を行うこととなった案件です。

複数の疾病を抱える例

その他 / 事例

染色体異常により、生まれつき知的障害や肢体不自由等複数の疾病を抱える方です。
20歳から障害基礎年金2級(知的障害)を受給していましたが、その他複数の疾病が原因で、生活に相当な支障をきたしている状態でした。

担当する相談支援専門員さんからの案件です。

不支給決定後の再提出

事例 / 精神

5年前にご家族が障害年金請求を行い、不支給決定がなされた案件です。
日常生活がままならない状況で、ご本人もご家族も大変苦しい思いを抱えていました。

相談支援専門員さんを通じて当方にご依頼頂いた案件です。

神経症の壁

事例 / 精神

30年以上前、大学時代に発病しました。
入退院を繰り返し就職も困難なまま自宅療養を続けていました。
生活面は母親が支援しています。
その母親も高齢で、将来に対し不安を抱いていたところ、障害年金制度の存在を初めて知りました。

知人の社会保険労務士さんのご紹介で当方にご依頼いただいた案件です。

傷病手当金が不支給に!!

事例 / 目・耳

10年以上前に糖尿病を発病し、合併症により糖尿病性網膜症を発症した方です。
医療関係の職場に勤務していたのですが、視力低下に伴い職務の遂行が困難となったため休職されていました。
休職中は傷病手当金を受給していたのですが、失明した時点から支給が止まってしまい一気に生活が困窮。

担当の相談支援専門員さんからご依頼を受けた案件です。

その他の事例一覧はこちら

お知らせ

2019/05 ホームページをリニューアルしました。