事例一覧  

年金サポートオフィスKでは、障害年金請求にとどまらず、プラスαサポートを心がけています。
事例集では、専門用語をなるべく使わず、分かりやすくレポートします。

後縦靱帯骨化症

傷病名後縦靱帯骨化症
決定内容障害基礎年金2級

10年ほど前に発病。
徐々に四肢の動きが悪くなり近医を転々とするも原因が分からず数年が経過。
大学病院で後縦靱帯骨化症と診断される。
手術を繰り返すも症状は改善せず、日常生活全般に介助を要するようになった。

担当の相談支援専門員さんからご相談いただいた案件です。

サポートレポート 

後縦靱帯骨化症は、すぐに症状が出現しないケースが多いようです。
本件の様に、数年をかけて一進一退を繰り返し、転倒により悪化する場合もあります。

そこで問題となるのが、初診日です。
発病当初は原因が分からず転院を繰り返すこともあります。
しかし、病名が判明した時が初診ではなく、「ん?何かおかしいな」と思い受診した時が初診日となります。
その時点から既に数年経過していることも多く、初診日を確定するのがとても難しいのです。

また、本件の決定内容は障害基礎年金2級でしたが、今後症状が悪化した場合は、額改定請求をすることも可能です。
そういう意味でも早めの対応が必要ですね。

初回面談・ご相談はこちらまで
障害認定基準について
受給までの流れについて
事例一覧
サポート内容・費用
聴覚障害の方はこちらを御覧ください
年金用語
q&a
ご相談の流れ